ブランド戦略で行うコンテンツマーケティング

ブランド戦略で行うコンテンツマーケティング

売る側が思い描いたイメージを消費者に感じてもらうことから始めましょう。

企業が販売戦略を立てる時に消費者に対してどの様な接点を持つかを考えなければなりません。その消費者が悩みや知りたいという欲求に応えてあげることが出来れば消費者と接点が図れて認知度が上がってきます。ただし認知度が上がっても本当に消費者の欲求に応えられていなければ認知度は上がっても評価はあがりません。その様なことを考えてそのようなコンテンツを発信するべきなのか?を考えていくことが必要なのです。もちろんその工程の中にはターゲットの属性も同時に考慮していかなければなりません。

その結果、認知度、信頼性の向上に繋がることで目標の達成が導かれます。

コンテンツマーケティングが上手くいくコツは手法ではなく思いやりの心です。
コンテンツマーケティングは確かに販売戦略の手法のひとつです。ですがコンテンツマーケティングの手法を使っ「○○千万円売上げを立てるぞ」と目標を立てる唐突なやり方は良くありません。

コンテンツマーケティング

その様なコンテンツは全てお金の匂いが感じられたり、セールス的な雰囲気を感じてしまうからです。それであれば端的にリスティング広告で訴求すれば良いと思います。商品・サービスを通して消費者がどの様に良い思いが出来るのか?この商品・サービスを使ってもらえれば消費者が幸福になれることをイメージしながら伝えていく思いが消費者の心に伝わり商品・サービスの購入に繋がっていきます。一見回りくどく面倒くさいと思う方もいるかもしれませんが人の心を動かすには思いを伝えて初めて心が通い繋がる(商品・サービスの購入)のです。相手が人であることを考えずに進めた取り組みは成果を上げることが出来たとしても永くは続きません。

PC・スマホの方はコチラからお問い合わせ下さい。
電話:045-451-4154